太鼓・鳴物・神輿製造元 創業天保6年(1835年)太鼓販売170有余年
株式会社岡田屋布施 東京都台東区雷門1-16-5 TEL:03-3841-1867 公式HPはこちらから


2016年03月04日

職人への道 第27回 マイケル編

今年、初登場のマイケルです!

花粉と闘いながら、なんとか生きてます

今回は、この頃取り掛かっている仕事を、紹介したいと思います

KIMG0226.jpg

はい!平胴の内側削りです

ノミや鉋で内側を、削っていきます

やはり、平太鼓は軽く、持ち運びやすさが最大の利点であり
その利点を最大限にするため、厚くて重い胴はこうして削っていくわけです!

この作業も、柔らかいもの、堅いモノ、同じ種類の木でもこんなに違うのかと実感させられます
素直な奴も、いれば、そうじゃない奴もいるわけです!

これは、センという木で、岡田屋布施では、目有に分類されます

ちなみに削る前は

KIMG0227.jpg


こんな感じで、仕上げまでいくと

KIMG0228.jpg


こんな感じです!

画像では、分かりにくいかもしれませんが、持ってみると全然重さが違いますよ!

そして色をつけ
KIMG0229.jpg


皮を張って完成です!

張りも胴が薄いため、丸の太鼓を張る時よりも神経を使います

自分で自分の、首を絞めていってるわけです!

KIMG0230.jpg



自分が削った胴たちなので、これからこの胴で作った太鼓は長い間大切に使われてほしいですね!


それでは!マイケルがお送りしました!

次回はカワちゃんの回です!まさかそんな!



posted by DonDon at 17:39| 太鼓のこと