太鼓・鳴物・神輿製造元 創業天保6年(1835年)太鼓販売170有余年
株式会社岡田屋布施 東京都台東区雷門1-16-5 TEL:03-3841-1867 公式HPはこちらから


2016年02月06日

岡田屋一押し商品

今年一発目のブログはわたくしツッチーからです。

もう早いもので今年も1ヶ月が終了しました。
でもまだ11ヶ月もあります。
前向きにいきましょう。

皆様今年の初詣はどちらへ行かれましたか?
今年私は 『神田明神』 へ行ってきました。
実は行ったの最近なんでけどね。
IMG_6468.JPG

綺麗です。
御朱印もいただきました。
筆であんなに綺麗に書けたらいいですよね。
字の綺麗な人に憧れます。
参道の鳥居横にある男性用着物の店も素敵でした。
思わず手ぬぐい購入です。


さて、私が今年最初に紹介する商品は
『締太鼓』です。
IMG_6537.JPG IMG_6538.JPG
最近蒔絵を描いてくれる職人が減ってきてるんです。
描いてくれても金額が...工芸品レベル...普段使用するには躊躇してしまう。
そこで太鼓担当の営業が何とか探して見つけました。
京都の職人さんを何とか頼み込んでやって頂ける事になりました。
よく聞くとかなりの巨匠クラス。(電話対応を耳をダンボにして聞いた感じですが)
何とか金額も頼み込んで販売できる位にしてもらいました。
現時点ではほぼ一点ものですので、気になる蒔絵がございましたらご連絡を。早い者勝ちですよ〜。


お次は締太鼓とセットでお求めいただきたい商品。
『バチ袋』です。

IMG_6544.JPG

和柄の商品。中に仕切りが付いておりますので、2組入れることができます。
下方バチの太いものと細いものを入れてみてはどうでしょう。
もちろん通常のバチにも対応しております。
長いサイズのバチや太いサイズ対応のバチ袋もございます。
金額は 2,200円〜です。
今なら柄も選べますのでお早めに。

お次はこちら
『当り鉦、チャッパ袋』

IMG_6549.JPG

IMG_6551.JPG IMG_6552.JPG

こちらも中に仕切りがあるので、当り鉦とチャッパ両方を入れられます。
脇には撞木用の仕切りもあるんです。
しかもベルトに通せるように作りました。
これで激しい動きにも対応できますね。
金額は 4,000円になります。
今ですと色々な柄がございますよ。

最後はこちら
『和製スレイベル?』

IMG_6554.JPG

神楽鈴で使用している鈴(メッキ仕上)を使用しています。
綺麗で澄んだ音色です。
まだこれで完成品ではないかも...
当店にお寄りの際には実際に触れて感想を聞かせて下さい。
そのうち改良版がでるかも。


今年の岡田屋は工場が移転という大きな出来事がございます。
今よりちょっと遠くなる位(カッパ橋近く)なんですけどね。
浅草のど真ん中で太鼓を作る光景が見れなくなるのは寂しい限りです。
朝、太鼓鋲を打つ音も聞けなくなるんですね。

でも新しい工場が出来るのも楽しみではあります。
それに伴い、在庫一掃セールも検討中です。
正式に決まりましたらご報告いたします。


また、岡田屋ブログは今年から2週間ごと更新になります。
決してネタ探しに時間がかかる...訳ではございません。
内容重視で今年はいきたいと思います。
是非今年もお付き合い下さい。

次回はジョンソンが担当。
実はジョンソン結婚したんです。新婚さんなんです。
その話題に触れるのか〜触れないのか〜お楽しみに


さて最後は今年もクラフトビール締めです。
最近ついに地元に出来ました。

IMG_6534.JPG

『川口ブルワリー』 さんです。
ここのペールエールが旨い。
普段スタウト派の私や友達が二人して 『旨い』 と言わされました。
ここはビールも旨いのですが、料理も安くて美味しいんです。
さらにこの店の近くに角打ちまで
川口の夜は長いですの〜


さてこの辺で今年一発目のブログは終了です。
また次回お楽しみに〜
posted by DonDon at 18:48| 岡田屋のこと