太鼓・鳴物・神輿製造元 創業天保6年(1835年)太鼓販売170有余年
株式会社岡田屋布施 東京都台東区雷門1-16-5 TEL:03-3841-1867 公式HPはこちらから


2015年04月20日

職人への道 第8回 マイケル編 〜太鼓新規張りについて〜

本日は、マイケルがお送りします!

本日は、新規の太鼓の張りをお見せしたいと思います!


KIMG0071.jpg

まず、皮をかけただけの、状態です


そこから、竹を挟んでゆるみを取り

ジャッキで上げていくことで太鼓の皮を伸ばしていきます


KIMG0073.jpg




毎回ジャッキを上げた後は、下の画像のように皮に通っている竹の部分を叩いて、さらに伸ばします

KIMG0072.jpg



その工程を、繰り返すことで、より理想の音に近ずけていきます

伸ばしが足りないと、締りのない低い音になってしまい

伸ばしすぎると、皮が破れてしまったり音に響きがなくなってしまいます

胴や皮は、一つ一つ個性があるため良い音を作るには長年の経験が必要とされます


音が決まったら、そこで上げるのをやめて、その状態で鋲でとめます

KIMG0075.jpg



すべて、鋲を打ち終わったら張りの工程は終了です!

一つ一つ手作りだからこそ、太鼓ごとの個性が生まれるんですね!


マイケルがお送りしました!

posted by DonDon at 17:45| 太鼓のこと